笑顔ときどき曇り―子宮頸がん1b1日記-

33歳、子宮頸部腺がん(明細胞腺癌)の診断を受け、手術。現在経過観察中。絶対負けない‼

お腹の傷跡

開腹手術直後は痛くて力も入らなかったお腹ですが、もうすぐ術後1年になる今は手術前と同じで腹筋(トレーニング)も問題なくできてます。腹筋が鍛えられているかどうかは別として(^^;)

 

しかーし!困ったことに赤く膨らんでいます、傷跡( ´Д`)

 

術後3ヶ月目くらいからかな、かゆみが出てきてチクチク痛み始めました。「これはもしや…」とイヤ〜な予感がして、婦人科検診時に次回検診(2ヶ月後)に形成外科の診察予約を入れてもらいました。

 

形成外科の初回診察は術後6ヶ月目。縦15cm程度の傷口は既に横幅1cm弱に成長していました。。。

 

形成の先生「あーしっかり膨らんじゃってますねぇ」

 

Johabe「痛みとかゆみがでてるのでなんとかしてくださいー(´-`)」

 

手術や放射線治療の話もされましたが、とりあえずステロイド注射をしてもらいました💉注射は痛いけど、成長を抑えるためには早い!という自分の経験からのチョイスです。

 

ケロイド体質の私は、胸元や肩、背中、おしりとか結構ケロイドがあって、過去に毎月ステロイド注射を打ってもらっていた時期がありました。胸元は特に痛いので、痛みで目の前真っ白になったこともありましたが…

 

注射が痛いのはしょうがないしケロイドが痛いよりマシ(先生には、まだケロイドじゃなくて肥厚性瘢痕と言われましたが)。気合いを入れて、いざ注射開始…

 

痛くない‼️(*⁰▿⁰*)

 

いや、痛いですよ?笑 でもチクって程度。先生上手〜✨(過去の注射で医者によって注射の上手下手は痛みで経験済み…)

 

現在、月一回のステロイド注射のおかげで成長も抑えられて、よく効いてる部分は既にへこみ気味だったりしますが、赤み変わらずです。

 

4回目の注射後からステロイド注射と同じ成分のテープ(ドレニゾンテープ)を処方してもらい毎日貼ってたら、これが意外と効いてます。なので、5回目の注射後から次までは2ヶ月あけて、その間テープで様子を見ることになりました。

 

まぁ無くなるとは思っていませんが、もっとマシになるといいなー(T-T)

 

ちなみに、内服薬のリザベンも試してみましたが、指先の軽いしびれや排尿痛などの膀胱炎の様な症状が出たので、1ヶ月ほどで服用を中止しました。

広汎子宮全摘手術-当日 術後

7時間の手術が終わって病室に戻る時に覚えているのは、ものすごーく寒かったこと。熱が出はじめていたようで歯がガチガチなる。麻酔の影響か意識もぼーっとしていて、病室に着いて兄が横にいるなーと思いながらウトウト。気づけば兄はおらず、時間は22時。眠っていたようでした。

意識がはっきりしてきたら今度は暑くてしょうがない‼️担当のKナースが「うーん、(体温)高いなぁ」とアイスノンを枕にしてくれました。

ここで初めての気づいたのは...

 

体が〜動かない〜( ´Д`)足が〜うまく動かない〜!

 

寝返りもうまく出来きないながらに、でも無理やりなんとか気持ち動いて、暑い暑い〜と言いながら眠りに落ちて数時間後。今度は痛みで目が覚めました>_< 痛い〜そろそろ我慢も限界!ってなった頃に酸素マスクのチューブが外れかけたのかピーピー鳴り出す。今だ!とばかりにナースコールを押し、来てくれた夜勤ナースに

 

Johabe 「痛み止めほしい…」

 

と伝えると

 

ナース「え?痛み止めはココ押せば出ますよー」

 

( ̄д ̄;)なんですと?

おそらく説明されてたんだろうけど、熱で意識が朦朧としていた為か覚えてなかった私…

痛み止めが効いてきて、痛みも和らいで眠りに落ちました。

広汎子宮全摘手術-当日 術前

円錐切除の手術のための人生初の入院がちょうど一年前。ふと気づけば、というくらい平穏な日々を過ごせていることに感謝です(^^)

 

さて、2度目の手術当日は寝不足解消して、目覚めはすっきりでした。今日の手術は『広汎子宮全摘+片側附属器切除+片側卵管切除(片側卵巣温存)+骨盤リンパ節郭清』で手術予定時間は7時間…付き添いの兄に申し訳ないなーと思いつつしょうがないし(。-_-。)

ここの病院では術前の点滴代わりに、経口補水液OS-1を渡されました。点滴がないと動きやすい!

 

私の手術の順番は2番目。

付き添いの兄が来てくれて談話スペースでおしゃべりしてたら、「Johabeさん、12時に手術室ですー」とIナースに呼ばれ、準備しに病室へ戻りました。

 

着圧ソックスはいて、手術着に着替え…手術室へ向かいました。手術室前で「いってきまーす✋」と兄に手を振って中へ入り、手術室ナースと一緒に手術室へ。なんと私の手術室番号は7番!

 

ラッキー7だねー( ´∀`)」

 

なんて言いながら中へ入り、手術台に横になりました。

そして麻酔科の先生が登場。「点滴とりますー」と刺されるが入らない。2回目も入らない(o_o)場所を変えての3度目で入りました。痛かった…

そして、経験済みの方が皆さん痛いとおっしゃる硬膜外麻酔。予想済だったからか局所麻酔のおかげか、思ったほど痛くない?でも、ギューっと押されてる感じで痛いより違和感の方が大きかったです。

 

ふと周りを見たら、主治医の先生と担当の先生が手術室に来ていて、「あー先生いるー」と思っていたら

 

「麻酔いれますねー」

 

スーッと眠りに落ちました。

 

そして、手術は無事に終了。

目が覚めて気管の管を抜かれて、もう終わったの?なんて思ったけど、病室に戻る途中に時計が見えて、7時半🕢で外は暗い。やっぱり7時間くらいかかったんですね〜(゚ω゚)